不動産投資のメリットや魅力|マンションを貸したいという方は必見

女の人
男女

管理を全て任せられる

賃貸経営で頭が痛いのは物件の現存維持で、入居者の募集や退去、住みよい物件を維持するためクレーム処理などに追われることになります。こうした面倒な管理を任せられるのが、一括借り上げと呼ばれるサブリース契約ですが、会社によって善し悪しもあるのでしっかり見極めてから契約しましょう。

女性

賃貸物件は管理が重要

賃貸管理サービスは不動産投資をしている人にとって、役立つサービスのひとつです。賃貸管理をうまく利用すれば、保証サービスの恩恵を受けることもできますので活用していきましょう。空室リスクや滞納リスクも解消できます。

セミナー

市場環境の多様な変化

不動産を活用して投資をする場合には目的に応じて不動産投資セミナーを受講することが重要です。目的によって受講するべき不動産投資セミナーを内容が大きく異なります。相続対策は一般的ですが、収益不動産の開発は金額が大きくなるので、セミナー以外に金融機関やコンサルタントの専門的な知見も必要です。

手放す前に検討すること

財布を持つ人

家賃収入で利益を得る

自分で住むためにマンションを購入したけれど、相続などの事情で実家に住むことになったり、転勤で引っ越すことになったといった理由から手放さなければいけなくなることもあるでしょう。通常なら売約を選択するものですが、せっかくなので家賃収入をあてにして貸したいと考える人もいるはずです。元から賃貸用に購入したのならば別ですが、住居用に購入したマンションを貸したいのであれば、どのようなメリットを受けることができるか知っておくと良いかもしれません。マンションを賃貸として貸し出すので、当然ながら毎月の賃料が不労所得として手元に入ってくることになります。株や先物取引など投資として稼ぐのと同様に、不動産投資で副業として成り立つようになっています。また、金融市場の影響を受けにくいので、安定した収入を得られるのが大きなメリットです。購入した分譲マンションを貸したいということは、賃貸用のマンションとは別のものと言えます。分譲マンションは賃貸用より作りがしっかりしており、耐震設計や防音、その他にも様々な設備がしっかりと揃っており、その分だけ高い家賃設定が可能となります。資産として残しておけるので、高い家賃収入とあわせてお得な方法と言えます。元々は住居用で購入したのであれば、住宅ローンを利用した購入となっているはずです。最初から部屋を貸したいという理由で購入する場合は、金利の高い投資ローンを利用することになりますが、住宅ローンなら少ない利率で返済が楽です。また、金利や固定資産税が経費として認められるため、節税という意味でもメリットを得られます。